SOUND OF NOISE SOUND OF NOISE

☒close

街を楽器に!音楽で世界を変革する SOUND OF NOISE サウンド・オブ・ノイズ 4音章のデロ予告(街と6人のドラマーのための音楽)

街を楽器に!音楽で世界を変革する SOUND OF NOISE サウンド・オブ・ノイズ 4音章のデロ予告(街と6人のドラマーのための音楽)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

サウンド・オブ・ノイズ 4音章のデロ予告(街と6人のドラマーのための音楽) 1:DOCTOR, DOCTOR, GIMME GAS (IN MY ASS) 2:MONEY 4 U HONEY 3:FUCK THE MUSIC KILL! KILL 4:ELECTRIC LOVE

news

introduction & story

introduction
突如街に現れた謎の6人組。彼らはあらゆるものを楽器に見立て、とんでもない場所で音楽を作り上げる音楽テロリストだった!彼らを追うのは、有名音楽一家に生まれながらも、音痴で音楽嫌いの警官、アマデウス。街中に貼り出された4つのテロ予告。アマデウスは、ある事件の現場に取り残されたメトロノームを手掛かりに捜査を開始するが・・・。果たして、彼らの目的とは?そして、アマデウスはテロを阻止できるのか?
カンヌ国際映画祭をはじめ、各国の映画祭の短編部門で賞レースを賑わせた『アパートの一室、6人のドラマー』(『Music for One Apartment and Six Drummers』)を、キャスト、コンセプトはそのままに、コメディ、クライム、ロマンスの要素を盛り込んで長編作としてバージョンアップさせた意欲作。 “音楽”による“テロ”を描いた、北欧スウェーデン発の新感覚エンターテインメントが日本上陸!

story
音楽一家に生まれながらも、生まれつきの音痴で音楽が嫌いな、警察官のアマデウスは、同僚が職場で流している音楽さえも受け入れられない。ある日、彼はある事件現場に残されたメトロノームを発見し、それを手掛かりに捜査を開始するが…。

一方その頃、事件を起こした二人組は、さらなる計画を遂行するために、腕利きのドラマーを集めていた。その計画とは、あらゆるものを楽器に見立て、とんでもない場所で音楽を作り出す、前代未聞の音楽テロだった!
街中に貼り出された4つのテロ予告。果たして、彼らの目的とは…?そして、アマデウスはテロを阻止できるのか!?

「4楽章のテロ予告」(街と6人のドラマーのための音楽)
1:DOCTOR,DOCTOR,GIMME GAS(IN MY ASS)
病院の手術室で外科医になりきり、患者とあらゆる手術器具を楽器にして演奏する
2:MONEY 4 U HONEY
強盗のように銀行に入り込む、次から次へと札束を刻み、判子を押して音を奏でる
3:FUCK THE MUSIC KILL! KILL!
クラシックコンサート会場の外で、ブルドーザーのシャベルで大地を鳴り響かせる
4:ELECTRIC LOVE
高圧電線にまるで音符のようにぶらさがり、“本物の電子音”を街中へ響き渡らせる

review

徹底的に騒々しく、とてつもなくオシャレ! 非常に面白いオリジナル作品!

- Moira MacDonald, Seattle Times

現代音楽シンフォニーと、警察と、恋愛映画… いろいろ混ざったカクテルのようだ

- Alissa Simon, Variety

これはアンダーグラウンド・ロック界における「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」だ!
ユニークなリズムが波のように押し寄せる!!

- Eric Kohn, Indiewire

どうしてこんなに単純で面白いのだ!?
登場する6人のドラマーたちはジャッキー・チェンさながら身の回りの物すべてを武器にして、音楽をならす!!

- Peter Martin, Twitch

今年NO.1の映画!今すぐ劇場へGO!

- Matthew Schuchman, Gene Schalit's moustache com

ラストのボサノバのエンディングを聞くまで、想像力のリミットを外して、ただただ映画の心地よさに身を委ねるべし!

- Steven S, Filmscope

cast & staff

  • 監督 オラ・シモンソン、ヨハネス・シェルネ・ニルソン

    オラ・シモンソンとヨハネス・シェルネ・ニルソンは共に1969年スウェーデンのルンドに生まれ、7歳のときに学芸会に参加して以来の親友。ヨハネスは、ストックホルムの大学で美術の修士号を修め、グラフィック・デザイナー、漫画家、映画監督、プロデューサーとして活動。オラは、マルメ音楽院を卒業し、ミュージシャン、声楽の教師、指揮者や作曲家として活動してきた。
    二人とも映画を専攻したわけでも、この分野で修行を積んだわけでもないが、1996年のカンヌ国際映画祭において、シュールレアリスム的な短編作「NOWHERE MAN」が批評家週間に選ばれプレミアを行った。そして短編作『アパートの一室、6人のドラマー』(『MUSIC FOR ONE APARTMENT AND SIX DRUMMERS』)は2001年のカンヌ国際映画祭においてオフィシャル上映され、その後30以上もの国内外の映画祭の賞を獲得した。
    矛盾と人間の心理とモチベーションへの飽くなき好奇心を持った彼らの作品は、しばしばジャック・タチやロマン・ポランスキー、そして同郷のロイ・アンダーソンと比較される。『サウンド・オブ・ノイズ』は彼らの長編初監督作である。

  • cast

    ベングト・ニルソン (アマデウス)

    国立演劇学校で学ぶ。現在はウプサラ市立劇場で働きながら、数多くの長編映画とテレビで主演や出演している。
    一部出演作
    2006 「Every Other Week」
    2005 「God Save the King」
    2000 「Shit Happens」

  • 6人の音楽テロリスト(ドラマ―達)

    サナ・パーション、ヨハネス・ビョーク、マルクス・ハラルドソン・ボイエ、フレデリック・ミア、ベステガルド、アンダース・ベステガルドサナ以外の全員が、プロのミュージシャンである。サナはプロの女優で、テレビの「Hipp Hipp」で有名でヤン・トロエル監督の「As white as snow」に出演している。

  • “サナ” サナ・パーション

    フリーサウンドのアーティストで、水に関心がある。
    好きなドラマ―:クリス・フランツ(トーキング・ヘッズ)
    好きな曲:アウトバーン(クラフトワーク)
    好きなドラム:14" Evans Heavy Duty B14HD(スネア・ドラム)
    好きな演奏スタイル:心をこめて演奏すること
    好きな楽器:フォード・タウヌス74(V型6気筒)
    トリビア:炎を飲み込むことができる

  • “マグナス” マグナス・ボイエソン

    厳格なコンセプチュアリストで議論の余地なし。グループの作曲家でもある。
    好きなドラマ―:Linn社製Drum Machine
    好きな音:純音
    好きな曲:I Feel Love(ドナ・サマー)
    好きな遊び:ダイス
    好きな食べ物:エスカルゴ

  • “ミア” フレデリック・ミア

    無計画な反抗者。個人的にも仕事としても積極的にストライキに参加する。
    好きなドラマ―:キース・ムーン
    好きな曲:オール・オブ・ザ・ナイト(キンクス)
    好きな食べ物:ひき肉
    好きなドラムヘッド:Black spot
    好きな演奏スタイル:ドラムスティックを使う
    趣味:鳩の飼育

  • “アンダース” アンダース・ベステガルド

    クラシック音楽で経験を積んだパーカッション奏者。フィンランド人の血も受け継ぐ。
    好きな音楽:正当なビバップ
    好きなドラムヘッド:Skins
    通常好きなこと:ソロ
    好きな食べ方:ひとりで
    トリビア:マラソンを走る

  • “ヨハネス” ヨハネス・ビョーク

    多彩なオールラウンド・ドラマ―。すべてのジャンルに精通している。
    好きなドラマ―:スティーヴ・ガッド、ハーヴィー・メイソン、スチュワート・コープランド
    好きな曲:In the Stone(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)を聴いているときの泣き声
    楽器:Yamaha 9000 power recording、K-Zildjianシンバル、Remo Pinstripe skins
    好きな楽器:10インチのスプラッシュシンバル
    今までで一番最悪の演奏:演奏しなかったこと
    トリビア:ワールドミュージックも好き

  • “マルクス” マルクス・ハラルドソン

    電子機器の天才で高電圧の電流を使う。
    好きなビート:4つ打ち
    好きなドラマ―:ケニー・ドープ・ゴンザレス
    好きな楽器:電子楽器すべて。特にSimmons SDS-7か、なければSDS-5
    好きな玩具:184khzのテスラコイル。10万ボルト以上から。
    好きな曲:ガーション・キングスレイによる「ポップコーン」
    トリビア:なんでも直せる

theater

劇場名 地域 公開日
蠍座 北海道 12/10(火)
盛岡中央映画劇場 岩手 9/28(土)
MOVIE ONやまがた 山形 10/26(土)
シネマテークたかさき 群馬 9/28(土)
キネカ大森 東京 12/21(土)
新宿シネマカリテ 東京 7/27(土)
下高井戸シネマ 東京 10/26(土)
ジョイランドシネマ沼津 静岡 9/28(土)
ピカデリー名古屋 愛知 7/27(土)
フォルツァ総曲輪 富山 12/7(土)
シネ・リーブル梅田 大阪 9/7(土)
元町映画館 兵庫 10/19(土)
KBCシネマ1・2 福岡 9/14(土)